志望動機が書けない!新卒就活生はこんな書き方がおすすめ | ベンチャー就活は本命ナビ | 新卒採用・インターン・転職活動サイト
2019年12月13日

志望動機が書けない新卒就活生は多いのではないでしょうか。私も志望動機がうまく書けず悩んだ記憶があります。志望動機なのに企業説明のようになってしまったり、抽象的なことしか書けなかったりして、かなり時間をかけて書いていました。志望動機はエントリーシートや履歴書に書くだけでなく、面接では必ずと言ってもよいほど聞かれる質問です。では多くの学生を悩ませる志望動機を書くにはいったいどうすればいいのでしょうか。今回は志望動機が書けない原因と、その対策についてご紹介します。

志望動機が書けない原因を知って対策しよう

志望動機がなかなか書けない、書いてもなんだかイマイチ・・・となってしまうには原因があるはずです。以下では書けない原因と対策をご紹介します。

エントリーする企業について情報不足

エントリーする企業について情報不足だと、志望動機が書きづらく、内容が薄くなってしまいます。就活ではエントリー前に企業研究をしている人がほとんどですが、志望動機を書くときには改めて企業の情報を深堀りし、どんなところに魅力を感じてその企業を志望しているのか整理しましょう。情報は企業のホームページや採用サイトに書いてあるものはもちろん、会社説明会や合同説明会、OB訪問で実際に働いている社員が話す内容も重要です。例えば説明会で頻発するキーワードは、企業や社員が重要視していることと考えられますし、情報を整理していくなかで目に留まるところがあれば、それが自分にとっての企業の魅力であると考えられます。また商品を販売していたり、店舗を運営している企業の場合は、実際に利用してリサーチしてみるのがおすすめです。自分が実際に使ったり、足を運んで得た情報は自分だけの情報となります。自分だけの情報を元に書くことで、オリジナリティーが出て、説得力のある志望動機になるはずです。

志望度の低い企業や、業界や業種がバラバラなまま複数社エントリーしている

大手企業だから受けておこうという動機だけでエントリーしていたり、志望する企業が定められず、業界や業種がバラバラなまま複数社受けようとしていませんか?自分があまり興味のない企業の志望動機は、頑張って書いても内容が薄くなりやすいですし、採用担当者もこれまで様々な学生の志望動機を見ているので、「内容が薄いのは当社に興味がないから」ということが伝わってしまうかもしれません。また複数社受ける場合はその数だけ志望動機が必要なので、考えるのも書くのも非常に時間を使います。志望動機は「その企業にどうしても入りたい」という自分の熱意を込める項目なので、思い切って業界や職種を「特に」興味があるものに限定したり、絶対にその企業に入りたいと思える本命企業だけに絞ってから書くようにしましょう。

文章を書くのが苦手

文章を書くのが苦手な場合は、志望動機だけでなくエントリーシートを完成させるのも大変ですよね。しかし苦手だから早く終わらせようとササッと書いてしまっては、内容が薄くなったり、前後の文章の繋がりがおかしくなったり、誤字脱字が発生する可能性が高くなります。まずは早く終わらせようとせず、しっかり推敲するためにも時間をかけるようにしましょう。そしてどうしても思いつかず、書き進められない場合は、以下の流れを汲んで志望動機を書いてみてはいかがでしょうか。

志望動機を書くためのテンプレート

①なぜその企業を志望しているのか
②どうして志望するに至ったか
③自分と企業のマッチ度(自分の性格や特技等と、企業理念や求めている人物像がいかにマッチしているか)
④最後に伝えたいこと

テンプレートを踏まえて、志望動機の例文を書いてみました。

(自動車メーカー・開発部門志望の場合)
①私が貴社を志望する理由は、世界に誇れる先進的な技術を生かした車を、一人でも多くの人々に使ってもらい、人の生活をより豊かなものにしたいと考えているからです。
②私は幼い頃から電車の本数が少ない地方で暮らしており、車のおかげで生活がより豊かになっていることを日々感じていました。貴社はAIによる自動運転など最新の技術をいち早く導入しており、車と人と社会が豊かに共存できるように進化し続けている姿勢に魅力を感じています。
③また、私は大学時代に様々な資格を取得し、単に取得のために学ぶだけでなく、様々なものに興味を持ち、挑戦することの大切さを実感しました。貴社の説明会では、「先進的・挑戦的であり続ける人を求めている」と耳にし、資格取得に挑戦した過去から、私も常に先進的かつ挑戦的であり続けたいと、その言葉に強く惹かれました。
④貴社では、より良い車を一人でも多くの人に届けられるように日々挑戦し続けたいと考えています。

上記はあくまで例文ですが、①~④の流れを踏まえることで、わかりやすい志望動機を書くことができます。そして文章を書くことが苦手な場合、もっとも大切なポイントは「奇をてらわず、ベーシックで読みやすい文章を書くように心がける」ことだと思います。採用担当者に強く印象に残りたいと思うがあまり、無駄に内容をひねったり、奇をてらった文章を書いてしまうと、相手に自分の熱意や志望度が伝わりにくくなってしまうことが多いです。どんな人でも、初見でスピーディーに理解できるような志望動機を書くようにしましょう。

志望動機では企業と自分のマッチ度を表してアピールしよう

これは志望動機に限らない話ですが、どんなに優秀な学生でも企業の社風や業務内容にマッチしていない場合は採用されないことがあります。そのため採用担当者はエントリーシートや履歴書、面接で、学生がどのくらい自社にマッチしているのかを確認しています。志望動機でその企業の惹かれたところと、企業と自分のどんなところがマッチしているのかを文章に表すことで、採用担当者も入社後活躍できるというイメージを持ちやすいです。志望動機を書くのは苦手だから・・・とササッと書いてしまわず、「その企業に入りたい!」という熱意をアピールし、自分と企業のマッチ度を表せるようにしっかり推敲して書きましょう。


記事はありません
ABOUT "この記事を書いた人"

mokoko

元株式会社じげんの人事。記事では人事時代の経験を活かし、ESや履歴書の書き方、面接マナー、内定後の入社準備まで、就活生に役立つ様々な情報を発信してまいります。

本命ナビって?

POPULAR COLUMNS人気のコラム

CATEGORIESコラムのカテゴリー

NEW POST最新記事