内定ブルーの解消法を教えて | 人材業界の就活は本命ナビ | 新卒採用・インターン・転職活動サイト
2019年9月24日

つらい就活を乗り越えて得た内定は、喜びもひとしおなのではないでしょうか。しかし内定を得てすぐは嬉しい気持ちでいっぱいだったのに、月日が経つに連れて「本当にこのまま内定承諾した企業に就職していいのかな・・・」と考えてしまう学生がいるようです。その状態は、もしかしたら「内定ブルー」かもしれません。では内定ブルーとはどんなもので、解消法はあるのでしょうか?今回の記事では内定ブルーについてご紹介します。

内定をゲットしたのに憂鬱・・・それは内定ブルーかも

就活は企業研究をしたり、エントリーシートや履歴書を書いたり、面接やグループディスカッションの練習など準備に時間がかかります。そしてエントリーして面接を受けて、ようやく内定を得られると本当に嬉しいですよね。しかし内定を承諾した後に、「本当にこの企業でよかったのかな?」「ちゃんと社会人として働けるかな?」など不安な気持ちに苛まれることがあります。この状態は「内定ブルー」と言われています。結婚を前に環境の変化や結婚準備で忙しくなり、気持ちが不安定になって「本当に結婚して良いのかな・・・」と考え込んでしまうことを「マリッジブルー」と言いますが、内定ブルーも似たような状態です。

内定ブルーになるのは不安だから?解消法は?

内定ブルーになるのは、何かしら不安な気持ちがあるからではないでしょうか。以下では内定ブルーになる不安のパターンと、解消法についてご紹介します。

自分の能力に自信がない

内定をゲットできたものの、「自分の能力でやっていける仕事なのかな・・・」と不安になるパターンです。確かに自分の能力に自信がなくて、仕事についていけなかったらどうしよう・・・と不安になる気持ちはよくわかります。しかし仕事に必要な能力は、専門的な分野に長けていたり、知識が豊富にあるといったものだけでなく、コミュニケーション能力や人当たりの良さなどの人間性も含まれます。企業はあなたの持っている能力を認めて内定を出しているので、まずは自信を持ちましょう。そして不安を解消するためには、入社前インターンやアルバイトをしてみるのがおすすめです。企業によっては早く業務に慣れてもらうために入社前のインターンを推奨していたり、入社前にアルバイトという雇用形態で勤務し、実際の業務を経験できる企業もあります。必要なスキルや知識を入社前に学べるので、不安を感じる場合は積極的に参加してみましょう。

同期や上司、先輩とうまくやっていけるかが不安

同期や上司、先輩といった初めて接する人たちと、うまくやっていけるか不安になるパターンです。世の中には色んな人がいるので、人間関係は運次第というところもあります。ですが企業の担当者はあなたが会社の雰囲気に合っているか、既存の社員と上手くやっていけるかという点を面接で見ているはずです。また同期や上司、先輩は協力して一緒に働く仲間です。同期になる人は同じ時期に働き始めるので、学校の同級生のような感覚で話せることが多いですし、上司や先輩は、大切な部下や後輩が緊張せず働けるように優しく歩み寄ってくれるはずです。そこまで不安を感じなくてもよいでしょう。

社会人って大変そうで不安

学生から社会人へと変わることに不安を感じるパターンです。社会人になると仕事に追われて辛そうだな・・・と思う学生は少なくありません。この不安を解消するには、OB・OG訪問でお世話になった人や、既に社会人になっている先輩などに話を聞いてもらうのがおすすめです。誰かに話を聞いてもらうだけでも気が楽になりますし、社会人になるにあたって良いアドバイスがもらえるかもしれません。また人に話すことで「どんなところに不安を感じているのか」がより具体的になることがあります。具体的になればなるほど聞いている人もアドバイスがしやすくなるので、不安は一人で考え込まずに、誰かに聞いてもらいましょう。

他にもっといい企業や、自分に合う企業があるのではと思ってしまう

複数社から内定を貰っていたり、就活の結果に納得がいかない場合は、内定承諾後も他にもっと良い企業や、もっと自分に合う企業があるのではないかと不安を抱えることがあります。自分の就活の結果に納得がいかないのは、自分の中で「やりきった」という感覚があまり無い、もしくは内定承諾した企業が本命企業ではなかったからではないでしょうか。その場合は就活を再開し、自分がやりきったと思えるように、真の本命を探すのも方法の一つです。また「就活を再開するのは気が引ける」と感じたら、その企業に入りたいという気持ちが強いものの、自分の中でまだ決意が固まっていないだけかもしれません。なぜその企業に入りたいと思ったのか、どんな社会人になりたいのか、冷静に整理してみましょう。

不安をうまく解消して、気持ちよく入社日を迎えよう

マイナビが2019年8月に発表した「2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001057.000002955.html)」によると、2020年卒学生の52.8%は入社予定企業を決めたあとに、「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがあるというデータを公開しています。つまり2人に1人は内定ブルーのような状態になっているのです。人は誰しも大きな決断をするときには迷いますし、不安になるものです。それでも第一歩を踏み出すためには、思い切って決断をしなくてはなりません。それに世の中にはやってみなければわからないことがたくさんあります。せっかく新たなことに挑戦できるので、ポジティブな気持ちで仕事に臨めるようにしましょう。また内定ブルーになりすぎて、せっかくの残りの学生生活を楽しめないのはもったいないので、早めに切り替えて学生生活を謳歌しましょう。


ABOUT "この記事を書いた人"

mokoko

元株式会社じげんの人事。記事では人事時代の経験を活かし、ESや履歴書の書き方、面接マナー、内定後の入社準備まで、就活生に役立つ様々な情報を発信してまいります。

本命ナビって?

POPULAR COLUMNS人気のコラム

CATEGORIESコラムのカテゴリー

NEW POST最新記事