1dayインターンの意味は?選考で有利になる? | 本命ナビβ2020 | 本命の企業への近道になる新卒向け就職活動サイト
2019年7月18日

近年はインターンに参加する学生が増えており、中でも1dayインターンに参加したことのある学生は多いのではないでしょうか。しかし1dayインターンは気軽に参加できるものの、「説明会」と同じ印象を受けたという意見もあります。では1dayインターンに参加する意味は一体何だと思いますか。参加することで選考が有利になるのでしょうか?今回は1dayを含むインターンとはどんなものなのか、そして企業がインターンを開催する目的などをご紹介します。

インターンとは

インターンとはもともと「医学生や理美容学生が病院や店舗で行う実習」という意味で使われていた言葉です。就活の場合は「学生が就業前に行う就業体験」を指します。主に毎年夏頃から大学3年生を対象にした「短期インターン」を開催する企業が多いのですが、近年は就活が早期化しているので大学1年生や2年生も参加できるインターンが増えています。企業によって開催する時期や対象の学年が異なるため、事前に確認しておきましょう。

1day、短期、長期、何が違うの?

インターンは1day、短期、長期など期間によって内容が異なり、企業の目的も変わります。

1dayインターンとは

1dayインターンでは会社や業界の説明をセミナー形式で行ったり、参加している学生同士でグループディスカッションをしたり、企業の施設内や工場の見学などを行うことが多いです。1dayインターンは給料や交通費の支給は無いことがほとんどですが、説明会よりも長時間実施するため昼食を学生へ支給する企業もあるようです。

企業の目的

1dayインターンは主に「1日で企業のことを知ってもらう」ために行われるので、会社説明会と内容が似てしまうこともあります。そのため同業他社や業界全体について話をしたり、企業独自の就活対策講座をしたり、企業内や工場内を見学できる時間を設けたりと、1dayインターンならではの内容になるよう工夫しています。説明会よりも深く企業を知ることができるのです。

短期インターンとは

短期インターンは2日~2週間程の期間で開催されます。内容は様々で、社員と共に営業や接客などの実務に参加したり、学生同士で新規事業を考え人事担当者にプレゼンするなど、短い期間で就業体験ができるものが多いです。数日間にわたって参加するため、給与や交通費を支給してくれるインターンシップもあります。

企業の目的

短期インターンは選考目的で行っている企業がほとんどです。短期インターンは数日間学生が企業に訪れるので、その期間中の言動を見て企業の雰囲気に合う学生や、しっかり勤めてくれそうな優秀な学生を確保したいと考えています。面接と異なり、学生と対面する時間が長いので、企業が求める学生を探しやすいのです。

長期インターンとは

長期インターンは1ヶ月~6ヶ月程の長期間開催されるインターンです。内容はアルバイトとして週に2~3日程勤務し、企業の一員として営業や接客、プログラミングなどの実務に取り組んだり、インターン生用の業務をこなしたりなど様々です。アルバイトなので時給や交通費なども支給されますし、成果によって別途報酬が出たり、昇給する企業もあります。近年は就活とアルバイトを兼ねて長期インターンに参加している学生が多く、雇用期間も企業によって異なります。中には大学1年生から4年生までインターンに参加し、そのまま新卒として入社する学生もいるようです。

企業の目的

短期インターンと同じように、基本的に選考目的で開催しています。学生には実務に取り組んでもらうことがほとんどなので、企業の雰囲気に合うか確認できますし、業務に対する適性も見ることが可能です。また企業によっては人材不足のためアルバイトを募集することと同じように長期インターン生を募集することもあります。

短期・長期インターンは選考に有利?

短期インターンや長期インターンは参加することで「書類選考免除」や「1次選考免除」など選考が有利になることがあります。また人事担当者や企業の社員と話す機会が多く、一緒に実務に取り組むこともあるため、面接などよりも自分の能力や個性をアピールしやすいです。時々インターンの募集要項に「このインターンは選考には関係ありません」と案内している企業もありますが、実際には採用活動のために良い学生と出会いたいと考えている可能性が高いので、気を引き締めて参加しましょう。

1dayインターンは選考で有利になるの?

1dayインターンは参加することで短期・中期インターンと比べて「選考で有利になる」「直接内定に繋がる」といったことはほとんどないようです。ですが1dayインターンに参加した学生向けの特別選考や、社員とのランチミーティングへ招待してくれる企業もあるので、興味のある企業の1dayインターンにはなるべく参加するようにしましょう。また1dayインターンは説明会と比べてより深く企業や業界を知ることができる機会です。企業研究や業界研究を目的に参加することで、志望する企業を定めることができたり、志望動機がブラッシュアップできたりと就活の武器が増えます。興味のある企業や業界の1dayインターンは積極的に参加しましょう。

まとめ

短期・長期のインターンは基本的に数日間~数ヶ月間参加しなくてはならないため、大学生活が忙しいとスケジュール上なかなか行きにくいですよね。その一方1dayインターンは1日だけなので気軽に参加しやすく、開催する企業も年々増えています。そして1dayとはいえインターンなので、会社説明会などよりも企業や業界の深い情報を得ることができますし、参加者だけの特別選考を行っている企業もあります。気になる企業や業界の1dayインターンにはどんどん参加し、就活の武器を増やしていきましょう。



本命ナビって?

POPULAR COLUMNS人気のコラム

CATEGORIESコラムのカテゴリー

NEW POST最新記事